インコを見ながら入れる「松葉湯」

都内の風呂には、生き残りをかけて「デザイナーズ風呂」としておしゃれな形状に改装するものが増えてきていますが、京都には、昔ながらの風呂のままで、ほんのり変わった工夫をして、お客さんを集め続けてある風呂があります。

京都市上京区における「松葉湯」は、インコ100羽を鑑賞しながらお風呂に入ることができるから、“インコ風呂”と呼ばれて近頃すす。浴室には、噴水や邪魔から落ちるツタ、アルプスの山中が上手く描かれたウォール、野放し灯の入るリミットの窓など、歴史のある風呂ですが、おしゃれな形状になっています。そうして、アルプスの壁画の下にはガラスの邪魔があり、その余りにインコがたくさんいらっしゃるのです。

松葉湯は明治時代に開業した100年頃以上の歴史のある銭湯で、インコの余りができたのは30年頃以上前のことだそうです。こういう余りは、幕開け、温室になっていて観葉植物が置かれてあり、たまたま家屋にいたインコを入れたことがきかっけで、現実になったそうです。よく見ると、インコ以外の鳥も居て、ジュウシマツや文鳥、スズメなど、鳥好きにはたまらない鳥の総和だ。また、鳥以外にも、大きなカメの“亀太郎ちゃん”も居ます。

松葉湯はインコ風呂として有名ですが、お風呂も最高です。白湯や電気バス、薬湯などさまざまな部類の浴槽に、おしゃれな仕掛けの露天風呂もあります。露天風呂は出先にありますが、そこからもインコを眺めることができます。

鳥獣のいる余りという浴室は完全に区切られているので、衛生面に全く問題はありませんし、鳥獣がいるからこそ常々極めて綺麗にオーバーホールされています。おしゃれなデザイナーズ風呂も良いですが、可愛いインコに癒されて、清々しいお風呂に押し込める、結構明るい松葉湯にもできるだけ行ってみて下さい。ディオーネ南青山店 ハイパースキン脱毛のご紹介